コラム・住宅ローン

住宅ローンとは、名前の通りマイホームを新築する時にほとんどの人がお世話にならざるをえないものです。
住宅ローンにはいくつかの種類があり、フラット35のような国の金融公庫が
取り扱っているものや、
銀行や郵便局やJAが独自に作っているもの、クレジット会社などの民間企業が窓口になっているものなど様々です。

例えば住宅ローンを銀行で組もうとすると、三菱東京UFJ銀行などの都市銀行から、静岡銀行や駿河・清水銀行、焼津・島田・掛川・浜松信用金庫などの地方銀行や信金、ろうきんなど、その銀行によってそれぞれオリジナルの住宅ローンを取り扱っています。

現在の住宅ローンはほぼ底値に近く、リアリゼでは住宅ローンを組まれる方には、35年間金利の変動が無い『固定金利』をお薦めしています。

「変動金利」の方が金利が固定金利より利率が低いので総額も安くなると思われがちですが、固定金利と違い金利が変わればお支払い総額も変わってくる訳です。

そして変動金利は、年に何度かの金利見直しが35年間続くので、例として3LDKを新築するのに3000万円お借入れしてマイホームを新築したとして、

金利が1%上がると、金利だけで支払いが600万円以上も増えます。

更に住まい給付金や住宅ローン減税を考慮すると1000万円以上も余分に…。
なので史上まれに見る低金利の今だからこそ、リアリゼでは住宅ローンは国の制度でもあり固定金利も最安値のフラット35をお薦めしています。
(※フラット35についてはコラム:フラット35を参照して下さい。)

ただ、フラット35を使うならどこの銀行でも良い訳ではありません。
三菱東京UFJ銀行のような都市銀はもちろん、静岡銀行や駿河・清水銀行、焼津・島田・掛川・浜松信用金庫のような地銀、郵便局やJAでもフラット35は取り扱っています、が!
国が発表している利率に、その金融機関ごとに利率を上乗せしているところも多いので、適正なお支払いで35年間を安全・安心・安楽に過ごすためにはまず、住宅ローン選びを間違えない事です。

住宅ローンを銀行任せにしていてはダメ、無駄に払うお金だけが増える結果になるかもしれませんし、CMでやっている○大疾病があるから…と言う理由で選んでもダメ、
今流行りの○大疾病はフラット35でも取り扱ってますし、銀行の保険のように、金利が上乗せされることもありません。

もちろん保険料はかかりますが、上乗せされる金利と差引で計算した場合を考えると、お借り入れ金額によって変わっては来ますが、同じ安心を金利を増やす事なく入る事が可能です。
もちろん銀行や郵便局、JAなどがダメだと言っている訳ではありません。

が、リアリゼではお客様の立場になって考えるを信条にしているので、新築を建築した後も、お客様の今後の生活が苦しくならないようにと考えてプランを提案させて頂いてます。

なので、迷ったらまずリアリゼにご相談下さい。