住宅ローンが払えない時は?家を手放さない対処法や競売にならないための対策

不動産業者のビジネスマンの画像

住宅ローンは多くの場合、組める最長期間で組みます。

その理由は、できるだけ月々の返済額を少なくするためです。

しかし、何十年も生活する中で、どうしても返済が苦しくなることが。

そんな時、どうしたら良いのでしょうか?

この記事では、住宅ローンが払えない時の対策と、もうヤバいとなったときの対処法を紹介致します。

住宅ローンが払えない状況とは?

住宅ローンが払えない状況とはどんな状況でしょうか?

返済が厳しくなる一番大きな理由は、リストラで極端に収入が減ってしまったというケースが多いです。

もうひとつは、クレジットカード返済やカードローン返済が徐々に増えてしまい、住宅ローン返済が厳しくなるケース。

こういう場合、どうしたら良いでしょうか?

住宅ローン返済が苦しいときの対策

上で紹介したように、

  • リストラで収入が減った
  • クレジットカードやカードローン返済が増えた

という理由で住宅ローン返済が苦しくなったときの対策を紹介致します。

月々の固定費を把握して求職活動に生かす

リストラにあったり、会社が倒産した場合で雇用保険に加入していた場合には、「会社都合」の退職ということで、申請すればすぐに失業保険が給付されます。

当面は安心なので、そのうちに新しい仕事を探しましょう。

しかし、何とか再就職できたとしても、以前よりも収入が減ってしまうと住宅ローンの返済は苦しいままになってしまう恐れが。

そうならないためには、毎月のお金の出入りをエクセルでまとめて把握するのが有効です。

固定費と貯蓄や余裕資金まで含めて必要な金額を把握できれば、求職活動もしやすいですよね。

さらには、面接時にいくら必要なのかを話すことができます。

「お金の話をいきなりするのは失礼では?」

と感じるかもしれませんが、そんなことはありません。

きちんとその根拠を提示すれば、むしろ逆にしっかりした人だと思われて採用される可能性が上がることも考えられます。

損にはなりませんので、まずはやってみてください。

返済方法の変更(リスケ)

もし長期間、新しい就職先が見つかりそうもないときには、有効な手段があります。

それは、金融機関によって呼び方は異なるんですが、「返済困窮者特別対応」、「返済方法の変更」「リスケジュール」などというものです。

「リスケ」と略すことが多いですので、以下ではリスケと書きますね。

フラット35などの住宅ローンには、リストラや倒産に会って返済が苦しくなった人のために、一定期間返済を猶予してくれるというシステムがあります。

といっても、完全にゼロではなく、金利のみ支払うんです。

それを実際に使うには申請が必要。

フラット35の場合には、窓口となった金融機関等に問い合わせると、状況を聞いてくれて、申請に必要な書類等を案内してくれます。

リスケによって月々の返済金額が一時的に減るので(6ヶ月〜1年)、そのうちに困窮しない再就職先を見つけるようにしましょう。

クレジットカードやカードローン返済が増えて住宅ローン返済が厳しくなった場合の対策

リストラや倒産とまでは行かないまでも、様々な理由で出費が増え、クレジットカードやカードローンを利用するようになると、今度はその返済のために苦しくなってきます。

今後も継続して月々の返済が大変で、そのうち返済が滞るようになりそうな場合には、早いうちに弁護士または司法書士に相談する方が良いです。

いわゆる債務整理を検討するということですね。

債務整理には、債務を一本化して金利部分を無しする「任意整理」と、元本部分も圧縮する「小規模民事再生(個人再生)」というものがあります。

いずれも数年間、新たな借入ができなくなりますが、住宅ローンを残すことができますので、住宅ローンの滞納に陥らないうちに、相談してみてください。

住宅ローンが本当に払えなくなったら?

住宅ローンが払えなくなってしまったら、どうしたらよいでしょうか?

返済が滞るとすぐに、通知が来ます。

通知は数回放置すると督促状となり、さらに放置していると数カ月後には債権が金融機関から保証会社に移行し、債権者が競売の申立を行うことに。

裁判所から競売開始の決定通知が届き、調査員がやってきます。

競売の準備が整うと、入札を検討している業者が見に来たりして、だんだんと家にいるのが辛い状況になってしまうんです。

そのうちに競売がスタートし、入札があった場合には落札者に所有権が移り、立ち退きを余儀なくされるという辛い結果になります。

では、競売にならないためにはどんな対策があるんでしょうか?

競売にならないためには?

競売にならないためにはどうしたら良いでしょうか?

住宅ローンを支払っていくことが困難だとわかった時点で、検討すべきことは「任意売却」です。

任意売却とは、返済困難となった債務者が競売ではなく、自分で不動産業者や金融機関に依頼して自宅を売ってもらうことをいいます。

つまり、普通の売買と同じです。

競売では市場価格の6割程度の価格になると言われていますから、そうなるのであれば普通に市場価格と同等に売ることができる任意売却の方がいいですよね。

焼津市で住宅建築サービスを展開しているリアリゼでは、不動産の相談も受けています。

督促や催告書が届いて競売になるのかと恐怖を感じている場合、リアリゼに相談してみましょう。

静岡県中部エリアであれば、対応可能ですので早い段階での相談をおすすめします。

リアリゼに相談してみる

問い合わせいただくと、2営業日以内にリアリゼから電話連絡をします。
お急ぎの場合は以下の電話番号におかけ下さい。

0120-542-368

オペレーターではなく、人間が出ますので、営業時間内(10:00〜18:00)にお願い致します。

築浅住宅は売却してもローンが残る可能性が高い

住宅ローンの返済がまだ残っている住宅の場合、特に建築後10年前後の場合は不動産の価値よりも残債の方が高いのが一般的です。

その理由は返済方式にあります。

住宅ローンの返済方式には、

  • 元利均等方式
  • 元金均等方式

があり、元利均等を選ぶ人が圧倒的に多いです。

その理由は当初の月々返済額を抑えられるから。

元金均等方式の場合、トータルで支払う利息額は少ないものの、当初の月々支払額が高くなるというデメリットがあるんです。

元利均等方式は、当初の返済額を抑えられるメリットがある一方で、返済額の元金に対する利息の割合が非常に大きいということが言えます。

つまり、最初のうちは、返済してもあまり元金が減っていかないんですね。

そういうわけで、数年経過後は不動産価値は大きく下がるのに、残債は減らないためにオーバーローン状態になるわけです。

オーバーローン状態ですと、売却しても金融機関から残債を支払うように言われますが、この場合の月々返済額は交渉することが可能

自暴自棄にならずに、前向きに対応していくことが大切ですね。

リアリゼに相談してみる


ということで、今回は住宅ローンが払えない時にどうしたらよいか?という内容でした。

今は住宅ローン返済に悩む方は増えていて、リアリゼの任意売却の需要が増大しています。

このような相談をすることにならないのが一番ですが、もしものときはご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語でお願いします。