牧之原市静波の注文住宅|22坪2階建て2LDKの間取りで部屋を広くする方法は?

shizunami-22tsubo-2f-2kenhan

牧之原市静波のK様邸は、18坪の敷地に建つ22坪の2階建てのお家です。

間取りは2LDK。

この記事では22坪の2階建て2LDK、間口2.5間という条件で、2パターンのゾーニングを紹介致します。

他の記事で間口2間バージョンの22坪2階建て2LDKのゾーニングを紹介していますので、参考にしてみてください。

shimada-22tsubo-2ldk-maguchi2ken-2f島田市の狭小地に建つ注文住宅|22坪2階建て2LDK間口2間の間取りと耐力壁の配置方法
  • 牧之原市静波の家の外観画像

22坪2階建て間口2.5間の2LDK間取りのゾーニング(プランA)

ここでは、22坪2階建て間口2.5間の2LDKの間取りをゾーニングしていきます。

間口は家の幅のことで、2.5間というのは比較的狭いです。

しかし狭小地の間取りではよくある幅となっていて、工夫すれば十分快適に暮らせる広さを確保できます。

ゾーニングとは、間取りの元になる図のことで、大まかな部屋の配置をざっくりと書いたものです。

まずは22坪で間口2間の外枠を作ります。

1階と2階合わせて22坪なので、

2.5間×4.5間=11.25坪

11.25坪ー0.5坪(玄関ポーチ部分)=10.75坪

1階の面積=10.75坪

2階は2.5間×4.5間=11.25坪となり、

合計すると22.00坪となります。

  • 1階=10.75坪
  • 2階=11.25坪
  • 延べ面積=22.00坪

ですね。

ゾーニングの手順は、

  1. 1階の玄関と階段の位置を仮に決める
  2. 2階の階段と廊下の位置を決める
  3. 2階の部屋や収納・トイレなどを配置する
  4. 1階の部屋を配置する

これでOKです。

では順番に見ていきましょう。

① 1階の玄関と階段の位置を仮に決める

静波の22坪間取りAプラン1階玄関の画像

黒い三角が玄関の位置になります。

「C」のマークは、階段(Core)のことです。

階段の位置は、ある程度2階の部屋のことを意識してざっくりと決めましょう。

2階の間取り決定後に位置を微調整すればOKです。

② 2階の階段と廊下の位置を決める

静波の22坪間取りAプラン2階階段と廊下の画像

階段の位置を中央付近の南側に決め、廊下を最小限の長さで配置。

この両側に部屋がくるわけです。

③ 2階の部屋や収納・トイレなどを配置する

静波の22坪間取りAプラン2部屋の配置の画像

階段の両側に、子供室と寝室を配置した例です。

子供室は約6帖、寝室は8帖になります。

中央の上(北面)にはトイレを配置しました。

2階がまとまったので、1階に降ります。

④ 1階の部屋を配置する

静波の22坪間取りAプラン1階リビングの配置画像

1階では、リビングを極力広くとります。

上の画像では中央にホールを作っていますが、ワンルーム型にすることで最大14帖程度まで広くすることが可能です。

ここまでが、間取りのゾーニングになります。

このゾーニングを元に、より詳細な形にしていくわけですね。

では、もう少し個室の広さを大きくしたい場合にはどうしたらよいでしょうか?

 

より個室を広くしたい場合には?(プランB)

個室を広くしたいというニーズは多いです。

ここでは、2階の個室をもっと広くしたい場合のゾーニングを解説します。

手順は上と同じです。

  1. 1階の玄関と階段の位置を仮に決める
  2. 2階の階段と廊下の位置を決める
  3. 2階の部屋や収納を配置する
  4. 1階の部屋を配置する

順番に見ていきましょう。

① 1階の玄関と階段の位置を仮に決める

静波の22坪間取りBプラン1階玄関と階段の配置画像

玄関の位置はほぼ同じで、階段の位置が少し違いますね。

では2階に上がります。

② 2階の階段と廊下の位置を決める

静波の22坪間取りBプラン2階の階段と廊下の配置画像

階段を配置したら廊下です。

今回は廊下が窓に面しています。

この両側に部屋を配置しましょう。

③ 2階の部屋や収納を配置する

静波の22坪間取りBプラン2階の部屋の配置画像

いかがでしょう。

子供室が7.5帖、寝室が10帖になりましたよ。

これだけ広ければかなりゆったりできますね。

ただし、先程のプランでは2階にトイレがありましたが、今回は無いです。

ここはどちらを優先するかですね。

では1階に降ります。

④ 1階の部屋を配置する

静波の22坪間取りBプラン1階リビングの配置画像

リビングを配置して、水回りの位置も決めます。

よりピッタリとまとまったプランになったように見えますね。

このゾーニングを元に詳細の間取りを作っていくんです。

因みに、今回紹介させて頂いたゾーニングですが、5mm方眼紙を使用しています。

かなり小さなマス目なんですよ。

書くのには慣れが必要ですが、小さいのでノート1ページにいくつも書けるし、やり直しも楽です。

1マスは1坪を表していて、畳二枚分の大きさです。

設計の業界用語では、「ちびコマプラン」なんて言ったりします。

よかったらやってみてください。


以上、今回は牧之原市静波のK様邸を参考に、22坪の間取りゾーニング手順を紹介致しました。

あなたの家造りの参考になれば幸いです。

静岡県中部地域で住宅建築をおこなっている建築工房リアリゼでは、お客様が自分で希望した間取りを元にプロの建築士が詳細図面を書き、完成まで実現することが可能です。

これ!というゾーニングや間取り図ができたら一度見せに来てみて下さい。

 

リアリゼに間取りを見せる

家づくりはワクワクしますよね。

 

住宅ローン審査はドキドキという方は多いですが、通ることができれば後は楽しい家づくりが待っています。

住宅ローン審査が不安だという場合もお声をおかけ下さい。

最適な住宅ローン審査対策を提案できます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事もお楽しみ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です